横浜にある自宅の修繕工事を依頼しました

ホームセンターに相談してみた

購入してから30年たった家ホームセンターに相談してみたこれからは工事が始まるのを待つだけで楽しみ

修繕工事は確かに必要だと考えていたので、リフォームを行っているホームセンターに相談をすることにしました。
その結果、家そのものの強度や耐震性には問題がありませんでしたが、やはり水回りの設備が古くなっていたり、特に気になったのは外壁と屋根部分でした。
水回りは配管などは問題がないものの、設備が古くなっているので見た目が良くなかったり、使い勝手が悪くなっていました。
これから年齢を重ねることになると、今のうちに新しい設備に代えておいたほうがいいのではないかと考えるようになりましたし、外壁や屋根は家の印象を決めるものなので修繕したい気持ちがあります。
外壁の場合は、ひび割れ部分を修繕して塗料を塗り直すという方法ですが、屋根はセメント瓦を使っていたので壊れている部分を取り換える方法があることを提案されました。
ただセメント瓦の状況を写真で撮影して見せてもらったところ、かなり多くの枚数が割れていたり、苔が生えるといった見た目の悪さが気になりました。
部分的に瓦を取り換えると色の違いが目立つこともありますが、すべて葺き替えをするよりは費用を安く済ませられるのは当然です。
そこで屋根の一部分を取り換えるのと、全体を葺き替えすることの両方の見積もりを出してもらうことにしました。

2019/3/22 5118F サハ5518が長津田車両工場から搬出され総合車両製作所横浜事業所へ陸送されました この後は修繕が実施されると思われます 5104Fで製造されたサハは3両中2両が陸送で里帰りした事となりますね 副都心線改造工事もここで実施しています 京急の車両の横を渡る陸送車 pic.twitter.com/X7E8ehOrzu

— 九品仏住民 (@tokyu_tv) 2019年3月23日